副業はクラウドソーシングやSOHOが手堅く無難ですが、上手く行けばアフィリエイト方が大きく稼げます。他にネットオークションでの転売やチャットレディなどもあります。

誰でもできる副業のおススメ

日本では戦後長らく終身雇用制や年功序列制といった労働慣行が根付き、企業でサラリーマンとして働く労働者が守られて来ました。

 

失業イメージ男性バナー

しかし近年では雇用形態の多様化が進み、こうした労働慣行が崩れ始めて来ています。

 

そのため現在安定した収入を得ている人でも、将来に渡ってそれが維持できるとは限りません。

 

また企業が倒産したり吸収合併される可能性もあります。
そうなると失業してしまうという事もあり得ます。

 

 

そのため本業の収入以外にも副収入があった方が何かと安心できると言えます。

 

 

万が一勤務先の企業が倒産してしまったり、経営悪化によりリストラに遭ってしまっても副業をしていれば副業の収入である程度の生活を維持する事も可能になります。
また本業の収入が低い場合には、副業をする事で生活費を補う事もできます。

 

 

副業というと本業の仕事の他にさらに仕事をするという事になり、かなり大変なのではないかと思う人も多いでしょう。
また初期投資がかかるのではないかと不安を抱く人もいるかと思います。

 

 

副業に励む男性画像

しかし副業の中には空いた時間に手軽にできるものや、ほとんど初期投資を必要とせずに始められるものもあります。

また忙しいときにはやらなくて済み、暇な時にだけやればいいという副業もあります。

 

>>これから注目の副業はこちら

 

 

 

そのため

 

リストラによる失業や会社の経営難による給与カットなどに備えて、副業を始める事をお勧めします。

 

 

副業はいつからでも始める事ができますが、実際に失業してしまったり給与が下がってしまってから始めるより今から始める方が安心できます。

 

いざ失業や給与カットに遭ってしまっても慌てないで済み、早くから始めていれば副業による貯金も貯まります。

 

 

特にリストラなどで失業や給与カットなどに遭わなかった場合には、老後の生活資金にする事もできて、定年退職後にも続けるという事もできます。

 

特に時季によって仕事の繁閑の差が激しい場合などには、あまり忙しくない時季に副業で稼いでおくといいでしょう。

 

 

 

副業の種類

 

副業というと以前までは内職などが中心でしたが、
最近ではインターネットを使った副業が中心になってきています。

 

 

大きな金額を稼ぐ事のできる副業としてアフィリエイトが有名ですが、
稼げる人とそうでない人との差が大きくでる副業でもあります。

>>副業で100万円を目指すには

 

 

アフィリエイトは自らウェブサイトやブログなどを運営して、広告を掲載することで収入を得るという方法です。

 

 

アフィリエイト

広告はASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録することで提供され、基本的に好きな広告を好きなように貼ります。

収入の発生する条件や金額は広告やASPによって異なり、主にクリック数で決まるものや広告を介した商品の購入額やサービスの契約金額などで決まるのが一般的です。

 

 

アフィリエイトの場合はサイトやブログの内容だけでなく、アクセス数を伸ばす事も考える必要があり、これが稼げる人とそうでない人との差が大きくなる主な原因となっています。

 

多く稼げる人は一般的なサラリーマンの収入を遙かに超える事も可能で、その一方稼げない人は子供の小遣い程度にしかならない場合も少なくありません。

 

アフィリエイトで収入を得るならA8.net

 

 

 

 

 

アフィリエイトの他にクラウドソーシングやSOHOなどといった副業もあり、アフィリエイトと異なりあまり稼げない人でも時間をかければそれなりの金額を稼ぐ事ができます。

 

 

特にライティングに特化したクラウドソーシングサイトでは、調べながら書く事で
特に詳しい知識がない人でもできる副業です。

 

 

しかし当然ながら、詳しい知識を持つ人や文章を書くのが得意な人の方が多く稼げます。
ただ、アフィリエイトほど極端な差はつきません。

 

 

 

ライティングの他にアプリ開発やテープ起こしなどといった仕事もクラウドソーシングやSOHOでやる事ができます。

 

 

そして専門的な知識が必要な仕事は相応の報酬を得る事が可能で、やり方によってはアルバイトをするよりも稼げる場合も少なくありません。

 

ネットオークションでの転売や、女性の場合はチャットレディなどを副業としてやっている人もいます。

 

その他にクレジットカード現金化などもありますが、
行う前にクレジットカード現金化の注意点をしっかり理解しておきましょう。

 

色々ありますので、吟味してみて自分に合うのはどれなのかを考えてみましょう。