クラウドソーシングの仕事の依頼者は、主にウェブサイトの運営者や一般企業で、内容はウェブサイトのコンテンツの一部の作成やアプリ開発などの案件などです。

最近話題になっている注目の副業

 

インターネットの普及によりインターネットを利用した副業が最近注目を浴びています。

 

 

仕事の依頼者がインターネットを利用して、受注者を募りネット上で仕事を完結させるクラウドソーシングで副業をする人が増加傾向にあります。

 

 

仕事に関する質問などの受け答えはクラウドソーシングのサービスを提供してるサイトのメースやチャットで行い、お互いに直接顔を合わせる事なく仕事を完結させるというやり方が基本です。

 

そのため遠方の依頼者の仕事でも引き受ける事ができて、地方在住者でも都市部に住む人と比較して不利なく行う事ができます。

 

報酬の受け渡しはサイト上に設けられている口座を利用して行い、ある程度貯まったら銀行口座に移すというやり方が主流です。

 

 

 

クラウドソーシングのイメージ画像

仕事の依頼者は主にウェブサイトを運営している人や、一般企業が中心になります。

ウェブサイトのコンテンツの一部を外注として作成したり、アプリ開発などの案件が多く見られます。
またロゴなどのデザインをコンペ形式で募集される事の多く、経済産業省など公の機関が仕事を募集する場合も見られます。

 

 

簡単なライティングの案件に関しては、専門に取り扱っているサイトがいくつかあります。
そういったライティング専門のサイトの場合は、通常のクラウドソーシングよりも始めるにあたってのハードルが低く誰でもできる内容のものが多い傾向にあります。

 

 

ただし、専門性の高いライティングの案件やアプリ開発などと比較すると報酬は低めであるのが一般的です。

 

こうしたクラウドソーシングはサラリーマンが収入の足しにするため副業として行ったり、子育てをしている主婦が子供の将来のために貯金する目的でやる場合が多いです。

 

副業だけで100万円以上稼ぐ強者もいるようです。

 

また最近ではクラウドソーシングで主に生計を立てている人も増えてきていて、フリーランスと呼ばれています。

 

そして

フリーランスの中には一般的なサラリーマンより多く稼ぐ人もいます。

 

副業としても本業としても利用する事のできるクラウドソーシングは今後も注目されることでしょう。