副業で稼いでいる金額が多い場合には、確定申告をしないで、追加課税になると、せっかく副業で稼いだお金がほどんど税金で持って行かれることになってしまいます。

副業の確定申告と納税

サラリーマンやOLなどの給与所得者の場合は本業の所得に関しては、勤務先の会社が所得税を源泉徴収して年末調整で金額を確定させて会社が税務署に納めています。

 

住民税に関しても特別徴収という方法で給与から天引きされています。
そのため労働者個人としては特に何もしなくても税金関して問題ありません。

 

 

しかし

 

副業を行っている場合は、副業に関する税金は自分で確定申告する事で税額を確定させて納めなければなりません。

 

 

給与所得者が副業をした場合には副業による所得が年間20万円を超える部分が雑所得として扱われ、確定申告する義務が生じます。

 

 

副業をしていても年間で20万円未満の稼ぎであれば申告は不要で税金もかかりません。
最近ではインターネットを利用して副業を行う人が増えてきている事などから、副業で年間20万円以上稼ぐ人も多くなってきています。

 

 

その一方で税金に関して特に考える事なく確定申告をしていない人も多いという現状にあります。
税務署では税務調査を行っており、企業や個人が適切に税金を納めているのか調べています。

 

 

税務調査で申告漏れなどが発覚すると、追徴課税が課せられ通常よりも多くの税金を納めなければならなくなってしまいます。
この税務調査は企業や個人事業主だけが対象になるものではなく、副業により収入を得ている人も対象になります。

 

 

年間20万円以上稼いでいて無申告の状態になっている人に税務調査が入り、追徴課税されるというケースも最近増えてきています。
特に稼いでいる金額が多い場合ににはかなり痛手になります。

 

 

確定申告

せっかく副業で稼いだお金もほどんど税金で持って行かれる事になってしまいます。
そのため副業を始めてある程度稼げるようになってきたら、自分が具体的にどのくらいの金額を稼いでいるのはしっかりと把握し、確定申告する事が大切です。

 

 

また副業による収入を得るために費用を支出した際には、費用を差し引いた金額に課税される事になります。確定申告書の提出の際には支出した金額を証明する書類を添付する必要はありませんが、税務調査が入った場合に必要になります。

 

主婦の方は育児との両立が大変だとは思いますが、費用の金額を証明する領収書などはきちんと保管しておきましょう。